マイホームラボ

MY HOME LABO

今すぐできる防災対策【滋賀県甲賀市不動産コラムVol.21】

2020.12.13

#家づくりコラム

甲賀市、湖南市、蒲生郡日野町、竜王町、東近江市で不動産購入をご検討される皆様こんにちは。びわこホームの金子です。

近年、いろいろな場所で地震や台風などの自然災害のニュースを聞くようになりました。いつ起こるのかわからない自然災害だからこそ、日々の対策や準備が大切になってきます。

今回は今すぐできる防災対策についてご紹介しています。家族と自分の命を守るために備えておきましょう。

すぐ始める安全対策

大きな地震が起こった時、多くの方が倒れてきた家具によって下敷きになったり怪我をしています。大地震が起こった時にこのような被害を受けないためには家の中の安全対策がとても大切になってきます。

具体的にはどんな対策をすればよいのでしょうか。

♦家具の転倒防止対策をする

特に大きな家具や冷蔵庫、テレビなどは地震などにより倒れてくると命にかかわることもあるほど非常に危ないものです。

最近では地震に備えるために様々な家具転倒防止グッズが販売されています。家具の下に引く滑り止めのマットを使ったり、家具と天井の間につっぱり棒で固定したり、金具を使ってネジで直接壁に固定するという方法もあります。自分の家にはどの方法が合っているのかを考えながら、家具が倒れない工夫をしていきましょう。

また、寝室や子供部屋には倒れてくる恐れのある家具は置かないようにしたり、ベットや扉から離れた位置にするなどの工夫をしましょう。怪我をしないために、出入り口をふさいで逃げられないという事態を避けるために意識しておきたいところです。

♦避難経路を確認する

どんなに準備をしていても災害が起きた時は慌ててしまいがちです。落ち着いて避難するために、避難経路や避難場所を家族で確認しておきましょう。住んでいる自治体のハザードマップを確認するとわかりやすいでしょう。

災害が起こった時、必ず家族が一緒にいるとは限りません。ぞれぞれが別の場所にいる時に、無事かどうかを確認するために安否確認の方法や集合場所を決めておきましょう。

♦防災セットの準備をする

自宅が被災してしまった時は安全な場所に避難する必要があります。避難時に持ち出すものをまとめておきましょう。救急箱やヘルメット、懐中電灯や軍手など災害時に役立つものを中心に準備しましょう。また懐中電灯の電池はまだあるか、救急箱の中身はそろっているかなどを確認し、家族の人数分準備できると安心です。

♦非常用の食料を備蓄しておく

災害時は電気やガスが止まってしまう可能性もあります。それに備えて、最低3日分の食料と水を家族の人数分用意しておきましょう。またカセットコンロやトイレットペーパーなど非常時にあると便利なものもいつでも出せる場所に準備しておくと安心です。

まとめ

地震や災害が多い国である日本は、いつ災害に巻き込まれてもおかしくありません。しかし、しっかりとした準備を日頃から意識することで不安を解消して安心安全に過ごすことができます。家族と自分の命を守るために、今から対策を始めてみませんか?

月別アーカイブ

INSTAGRAM