• TOP
  • マイホームラボ
  • 空き家の管理が大変…4つのデメリットとは【滋賀県甲賀市不動産売却コラムVol.4】

マイホームラボ

MY HOME LABO

空き家の管理が大変…4つのデメリットとは【滋賀県甲賀市不動産売却コラムVol.4】

甲賀市、湖南市、蒲生郡日野町、竜王町、東近江市で不動産売却をご検討される皆様こんにちは。びわこホームの増田です。

今回は、空き家のデメリットについて解説します。

最近特に多いケースとして、両親から受け継いだ実家が空き家になったとき、「空き家から遠く離れた土地に住んでいる」パターンです。遠くにいることで、空き家の管理や維持が難しく、放置している人は多いはずです。

しかし、空き家は放置するほどデメリットが大きくなります。
では、具体的にはどのようなデメリットを被ることになるのでしょうか?

実家の放置は、資産価値の低下や維持費・税金が増えるリスクも

【デメリット1】不動産としての資産価値が急激に落ちていく

1つ目は、不動産としての資産価値が低下することです。

管理されていない空き家は劣化が早くなり、資産価値が早く低くなってしまいます。

その結果、売却したいタイミングで買い手が見つからない可能性が高くなります。貸し出すにしても、老朽化した空き家ともなれば、修繕費に莫大な金額がかかることもあります。

【デメリット2】維持費・税金がかかる

2つ目は、空き家を持ち続けるには維持費と固定資産税がかかってきます。

資産の評価額にもよりますが、年間50万円前後の維持費がかかる場合もあります。

【デメリット3】事件や事故、近隣トラブルのもとに

3つ目は、空き家はゴミを違法に投棄される場所になったり、不審者に侵入されたりする恐れがあります。空き家のブロック塀や窓ガラスが落下すれば、通行人が怪我をするかもしれません。また、空き家の外壁に落書きされることで、近所から苦情を受ける可能性もあります。

空き家となった実家を放置すれば、資産価値が下がり、税金もかかってしまいます。「実家を売却しよう」と決めたときに早めに行動に移せば、節税できる可能性は高くなるでしょう。

【デメリット4】税金の負担の増加

4つ目は、税金の負担が増えるリスクがあることです。

放置された空き家が問題視されたことで、平成27年度から「空家等対策特別措置法」がスタートします。これにより、「特定空き家」に指定された空き家には住宅用地の特例による減税が適応されず、空き家をそのままにしておくと、土地の税金の負担が増える仕組みになったのです。

特定空家になると、土地の固定資産税が6倍になります。土地の評価額が1,000万円の場合、新たに15万円程度の負担が発生することになります。

まとめ

各市町村において空き家バンク制度があり、仲介手数料補助金や動産物処分の補助制度など空き家の解消の為いろいろなサポートがあります。
このまま高齢化、人口減少が進めば、家余りが起きる可能性も否めません。
今ある空き家を放置することはほぼデメリットしかありません。
手が付けられなくなる前に、そして需要がなくなる前に対処していくことが大切です。
空き家でお悩みの方は、この機会にぜひ弊社にご相談下さい。

月別アーカイブ

INSTAGRAM