マイホームラボ

MY HOME LABO

花粉症対策と家づくり【滋賀県甲賀市不動産コラムVol.50】

2021.03.11

#家づくりコラム

甲賀市、湖南市、蒲生郡日野町、竜王町、東近江市で不動産購入をご検討される皆様こんにちは。びわこホームの金子です。

3月頃になると鼻がムズムズしたり、目がかゆくなったりと、スギやヒノキ花粉に悩まされる日本人は多いです。このようにスギやヒノキ花粉で花粉症に悩まされる人が多いことから、花粉症と言えば春のイメージがありますが実は花粉は1年中飛んでいるといわれています。

季節ごとにいろいろな花粉に反応して1年中花粉症に悩まされている方もいらっしゃるでしょう。

今回は花粉症対策と家づくりについてご紹介します。リフォームで花粉に影響されない暮らしがしたい方にぴったりです。花粉症対策を考えた家づくりとはどんなものなのでしょうか。

花粉症対策を考えた家づくりのポイント

①家の中に花粉を持ち込まないようにする

花粉症対策をするには、家の中に花粉を持ち込まないことが大切です。

外から帰ってきた時はコートや上着などに花粉が付いている場合があります。そのまま家の中に入ってしまうと、コートや上着に付いた花粉まで家の中に持ち込んでしまうことになります。

玄関のすぐ入った場所に洋服をかけておけるクローゼットがあれば、花粉を部屋に持ち込む心配もありません。

また洗面所やお風呂場も玄関の近くにあれば、清潔な状態にしてから部屋に入ることができるのでおすすめです。

②洗濯物を干せる空間をつくる

花粉の時期は洗濯物を外干ししにくいですよね。さらに外干しは家の中に花粉を持って入ってしまう原因のひとつでもあります。花粉が洗濯物につかないようにしたい方は、家の中に室内干しができるスペースをつくってしまえば花粉だけでなく天気や黄砂なども気にすることもなく洗濯物を干すことができます。

また浴室に乾燥や暖房の機能をつけると、気になる室内干しのニオイや生乾きを防ぐことができます。

③リフォーム時は間取りに注意する

間取りにも気をつけておく必要があります。洗面所やお風呂場を近くする、上着や荷物をかけておく場所をつくるだけでなく、人気のリビング階段や吹き抜けがある間取りには少し注意が必要です。

リビング階段や吹き抜けがある間取りは開放感がありおしゃれな雰囲気をつくることができるので非常に人気ですが、花粉対策の面からだとリビングへの行き来が多くなる間取りは花粉を室内で広げてしまう可能性があると考えられます。そのためひどい花粉症に悩まれていてリビング階段や吹き抜けのある間取りを考えたい方は、注意したいことを頭に入れた上で花粉対策を工夫する必要がありそうです。

まとめ

毎年花粉症に悩まされる方は、リフォーム時に花粉対策も考えてみるのはどうでしょうか。少し工夫するだけでも苦しい花粉症の症状を和らげる効果があるかもしれません。

花粉対策も考えたリフォームをしていきたい方、ぜひびわこホームにご相談ください!お待ちしております!

月別アーカイブ

INSTAGRAM