マイホームラボ

MY HOME LABO

家庭菜園で庭を楽しむ【滋賀県甲賀市不動産コラムVol.29】

2021.01.07

#家づくりコラム

甲賀市、湖南市、蒲生郡日野町、竜王町、東近江市で不動産購入をご検討される皆様こんにちは。びわこホームの金子です。

お家で過ごす時間が増えたり野菜の値段が高くなっていることから、家にいながら楽しめる家庭菜園を始めてみようと考える方が増えているそうです。

家庭菜園は自分で育てた野菜を収穫できるだけでなく、野菜の管理をするために外に出て身体を動かすことで運動不足の解消にも繋がったり、自然に触れることでリラックス効果を得ることができたりと心身の健康も期待できます。

また、子どもがいるご家庭ではいつも食べている野菜がどうしてできているのかなどを実際に知って勉強できる良い機会にもなるでしょう。

魅力的な家庭菜園だけど始めるにはどうしたらいいの?という方に、今回は家庭菜園で庭を楽しむ方法についてご紹介しています。みなさんも家庭菜園で毎日の楽しみをひとつ増やしてみませんか?

家庭菜園を始める前に

家庭菜園を始める前にまずは何を準備すればいいでしょうか。

①どこで育てるかを決める

家庭菜園をするためには広い場所が必要と考えてしまいがちです。しかし実はベランダなど狭い空間でも育てることができる野菜はたくさんあります。自分に合ったスタイルで家庭菜園を始めてみましょう。

■プランターで育てる

プランターで野菜を育てることの良いところとして、水やりや収穫が簡単、プランターを移動させて置き場所を変えることで雨風がきつい時や日当たりが悪い時に対応できるというところがあります。プランターはベランダなど部屋からすぐ様子を確認できる場所に置くことができるので、野菜が成長している様子を毎日簡単に観察することができます。

プランターで育てるのにおすすめの野菜は、ミニトマトやシシトウ、ニンジン、リーフレタスなどがあります。初心者でも簡単に育てることができるので、子どもと一緒に家庭菜園に挑戦するのも良さそうです。

■畑で育てる

畑はいろいろな種類の野菜を育てたい方や、プランターよりも多くの野菜を収穫したい方にぴったりです。畑をつくるなら日当たりが良い場所を選びましょう。長い時間日の当たる、光を遮るものがない場所がベストです。またプランターよりも広く自由な場所なので、育てることのできる野菜の種類も広がります。いも類や大根など根を伸ばして大きく育っていく野菜の栽培に挑戦してみたい方は、庭に畑をつくってみると良いでしょう。

②必要な道具をそろえる

家庭菜園を始める時に必要なものは何でしょうか。しっかり事前に準備をして楽しく家庭菜園を始めましょう。

まず畑を耕すのにクワ、スコップ、移植ごてなどが必要になるでしょう。畑をつくるなら、庭いじりで使っていたものより大きいサイズのものを用意した方が使いやすいです。水やりはプランターならジョウロだけでも良いかもしれませんが、畑のように広さがあるならホースやバケツを使って一気に水やりをする方法が便利です。野菜の種類や成長に応じて支柱が必要になってくるものもあるでしょう。

服装も工夫しなければいけません。外で作業をすることになるので長時間日光を浴びることで日焼けをしたり熱中症になることを防ぐためにしっかり日差しを遮ることができる帽子をかぶったり、手袋と長靴を履いて害虫から身を守ったり、いつでも水分補給ができるように水筒を準備するようにしましょう。

初心者におすすめの野菜

初心者におすすめの簡単に育てられる野菜として、人気なのはトマトやナス、キュウリなどが挙げられます。トマトは簡単に育てられるだけでなく、収穫も簡単でたくさん栽培することができるので小さいお子様がいる家族に人気です。キュウリは自分で育てると、曲がったり大きくなりすぎたり形はスーパーで売っているもののようにきれいにはならないかもしれませんが、家で育てることでみずみずしい採れたてのキュウリを食べることができます。家で育てることで子どもの好き嫌いも減らすことができそうです。

育てやすい野菜はたくさんありますが、せっかく家庭菜園をするなら自分が育てたい野菜を育てることが一番です。好きな野菜を育てることで、家庭菜園がより楽しくなりそうです。

まとめ

外出しにくい時期だからこそ、お家で家庭菜園を楽しむ時間をつくってみるのはどうでしょうか。自分で育てた野菜を栽培したり料理するのはきっととても楽しいですよ。家庭菜園は育てる広さなど関係なしに楽しむことができるます。まずは小さな範囲から家庭菜園に挑戦してみませんか?

家庭菜園をできる庭を考えている方、ぜひびわこホームまでご相談ください!お待ちしております。

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

INSTAGRAM